FC2ブログ

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

新しいエージェントさん紹介

  • Post on 2020.03.09 10:23
  • Categry : 未分類
  • トラックバック(-)
  • Comment(0)
仙台支社に先日に引継ぎ新しいエージェントさんが入られました。

222222222.jpg

佐々木 徳彦さん

趣味:ツーリング、キャンプ


仙台支社の佐々木と申します。
不動産業界は未知の世界ですが、早く仕事の流れを覚え、ステップアップしていきたいと思います。
宜しくお願いします。


スポンサーサイト



新人さん紹介

  • Post on 2020.02.21 10:41
  • Categry : 未分類
  • トラックバック(-)
  • Comment(0)
仙台支社に久しぶりに、新しいエージェントさんが入られました。

氏名 佐藤公平さん

出身地 宮城県

趣味 サーフィン、ドラム

・未経験ですので、ご迷惑お掛けすることもあるかもしれませんが、早く仕事を覚え貢献できるよう頑張りたいと思いますので
宜しくお願いします。


DSCN1821.jpg
新人研修の様子です。

佐藤さん、宜しくお願いします


大相撲初場所千秋楽

  • Post on 2020.02.03 10:47
  • Categry : 未分類
  • トラックバック(-)
  • Comment(0)
全国テンポアップの皆様こんにちは。
「松の内」 は明けましたが、2020年初投稿となりますので、
改めまして、新年明けましておめでとうございます。
本年も、宜しくお願い申し上げます。

私は、特別、大相撲が好き!という訳ではありませんが、毎日、新聞のスポーツ欄の、相撲の取り組み結果を見てましたら、一番下の幕尻力士に〇(勝ち)が多く並んでいることに気づき、毎日確認していました。12日、13日目になっても、●(負け)にはならず、結果、13勝1敗で、先日の千秋楽を迎え、結びの一番、「徳勝龍vs貴景勝」 固唾をのんで見てました。
結果、西前頭17枚目の徳勝龍 33歳が見事初優勝!!幕尻力士の優勝は20年ぶり、奈良県出身力士の優勝は98年ぶりとのことでした。
私は、関西出身で、奈良県にも7年住んでいたこともあり、33歳幕尻力士徳勝龍が、勝ちを重ねていくうちに、応援している自分に気づき、昨日もガチンコ応援してました。優勝の瞬間は嬉しかったです。アッパレ「徳勝龍」!!
気持ちを強く持ち、稽古に励み続けた結果だと思います。(継続は力なり)
私は、四捨五入すると60歳のオジサン営業マンですが、地道に、コツコツと、愚直に、結果がでるまで、(成功するまで)やり続けることが、後の人生を豊かにすることではないかなぁと改めて感じました。
今年は、昨年の自分の実績の3倍の成約・収入を目標にして、邁進したく思います。
引き続き、ご指導・ご鞭撻の程、宜しくお願い申し上げます。

初場所1

初場所2



なんちゃって仙台人より。

仙台は、どうして“杜の都”って云われているの?

  • Post on 2020.01.20 13:10
  • Categry : 未分類
  • トラックバック(-)
  • Comment(0)
仙台は「杜の都」と呼ばれますが、その由来を調べてみました。
確かに市街地に接して広瀬川が流れて豊かな緑地を形成するとともに、伊達政宗公の騎馬像が鎮座する青葉山からの眺めを接するに、緑豊かな杜の都だなと実感します。
いつごろから「杜の都」と呼ばれるようになったのかな?
時代から紐解いてみま~す!
【400年前の江戸時代】

伊達政宗公が、家臣たちに屋敷内に飢饉に備えて、栗・梅・柿などの実のなる木や竹を、また隣との境に杉を植えるように勧めた。この屋敷林と、お寺や神社の林、青葉山の緑が一体となってまち全体が緑に包まれるようになる。
【明治42年】
>「森の都」として仙台の観光案内書に記される。
【昭和初期 1910年代頃】
「杜の都」と呼ばれるようになる。
藩政時代から受け継がれた屋敷林と、これに加えて青葉山や八木山、北山、上杉山・台原、鶴ケ谷付近等の丘陵地が市街地を三方から取り囲んで、それらの緑が市街地の背景として豊かな景観を醸し出していた。
   ↓
杜の意:山などに自然に生えている樹木や草花だけではなく、そのまちに暮らす人々が協力し合い、長い年月をかけて育ててきた豊かな緑のこと

map.jpg

【戦後】
仙台空襲で、まちの緑は焼けてなくなってしまいましたが、その後の復興により「杜の都」は、市街地内部の緑地が減少したのに加え、市街地近隣の丘陵地がことごとく団地として開発されたことと、三方の丘陵地が高層建築物でほとんど見えなくなった。
「杜の都」は、青葉通や定禅寺通などの街路樹や、青葉山公園や西公園などの緑に代わっていくことになる。
【昭和33年】
ケヤキ並木が移植される。
「杜の都」の象徴となっており、四季折々に美しい表情を見せる。
 初夏から初秋にかけての鮮やかな緑の天蓋、秋の鮮やかな紅葉、冬は目映いばかりの電飾に彩られるようになる。

そうなんだ~
郊外からだんだん移ってきたんだネ!


定禅寺

仙台支社 加藤


明けましておめでとうございます。

  • Post on 2020.01.06 11:42
  • Categry : 未分類
  • トラックバック(-)
  • Comment(0)
新年、明けましておめでとうございます。
平素はご愛顧を賜わり、厚く御礼申し上げます。

旧年中は、多大なるご尽力をいただき、誠にありがとうございます。
2020年も、より一層のご支援、お引立てを賜りますようお願い申し上げます。

本年も宜しくお願い申し上げます。

仙台支社一同

6271[1]

△ Move to top of this page