FC2ブログ

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

楽天「セ・パ交流戦」

  • Post on 2019.06.24 10:17
  • Categry : 未分類
  • トラックバック(-)
  • Comment(0)
全国テンポアップの皆様こんにちは。

今回は、プロ野球「セ・パ交流戦」について発信させて頂きます。
「セ・パ交流戦」が2005年にスタートし、14年目となりました。私は、関西地方の田舎主出身ではありますが、幼少の頃から「巨人」ファンでした。
転勤を繰り返していく内に「巨人」ファンから心も離れていき、仙台に住居を構え、現在では、家族共々、「楽天」を応援しています。
その「楽天」ですが、現在、パ・リーグでは、何と「首位」!、交流戦では、「3位」と絶好調!
このまま、首位独走して欲しいものです。(画像はヤクルト戦)
東北地方の経済活性化の為にも、今年は、何とか優勝して欲しいと思ってます。

ヤクルト戦1

ヤクルト戦2


なんちゃって仙台人より。
スポンサーサイト



仙台支社近傍歴史探報(芭蕉の辻)

  • Post on 2019.06.17 10:27
  • Categry : 未分類
  • トラックバック(-)
  • Comment(0)
仙台支社の近くに“芭蕉の辻”なる交差点があります。
現在はただの一般的な交差点で、交通量もそう多いわけではないし、何があるわけでもないのですが、昔は仙台城下町の中心部になっていたとのことです。

石碑

“仙台城下町のへそ“に位置するところで、奥州街道(現在の東二番町通りといわれる国道4号線ではなく国分町通り、青葉神社通りに相当するmapの青線部)と仙台青葉城の大手門通り(現在の大町通りに相当するmapの赤線部)が交差する部分で、江戸城下町の日本橋に相当する、まさに仙台の”へそ”だった場所になります。

今昔街並み

慶応元年仙台城下屏風絵図を見ると、この辻の四隅には城郭風の建物が建っており、仙台城下のシンボルであったことがうかがえますネ。
建物の一階部分は地元の商人に貸し出され、店として利用されていたということで、この一等地に店を構えるのは、仙台の商人にとってすさまじいステータスになっていたようです。

屏風絵


この名称の由来は、かつてここに芭蕉樹があったがためと言い、また繁華な場所ゆえの「場所の辻」が訛ったものとし、さらに藩祖正宗が重用(スパイ活動)していた芭蕉という名の虚無僧が一時住んでいた(恩賞として辻の四隅の建物を授かった)ためとも言われ定かにはわからない。
(なお、松尾芭蕉とは全く関係ない。上記諸説では虚無僧説が最も有力)
しかし、正式名称には「札の辻」であって、仙台藩の札所が置かれたところみたいです。

map.jpg

現在では、芭蕉の辻付近は、北に東北有数の歓楽街「国分町」を控え、すぐ東に人通りの絶えない一番町、中央通に接しながらも、どこかその喧騒からは外れた、落ち着きのある場所のように思います。そこにひっそりと建つ「芭蕉の辻」の石碑が、かつてのこの地域の隆盛を、静かに伝えています。
え~と、私たちの事務所ですけど、落ち着いた由緒ある雰囲気の場所(窓から辻が見えます)に移転しました?
また、スマホで昔の街並みをVRで再現できますヨ!
是非いらしてください。

VR.jpg


仙台支社 加藤






マルシェイベント

  • Post on 2019.06.10 10:26
  • Categry : 未分類
  • トラックバック(-)
  • Comment(0)
こんにちは、“杜の都” 仙台支社です。
近くの青葉通りは、欅並木が生い茂り、暑い日でも日陰で涼しく歩けてとても良いです。

6月7日(金)8日(土)2日間、サンモール一番町 アーケード商店街にて
AOBA-DORI ICHI TO ICHI 2019 が開催されました。

IMG_7840画像1


IMG_7838画像2


IMG_7836画像3



サンモールは、仙台のアーケード商店街の中では人通りが寂しいラインです。
ときどきマルシェが出店してもいますが、今回は地元百貨店の藤崎さんとタイアップ
イベントとして開催、金曜の午後はいつもより人の流れが多くなりました。

アーケード沿い2階テナントで長く空いているスペースがあり、テンポアップとしては、
テナント付けをして街に活気を出したいところです。先日は、アーケードに出たいと言う、某英会話スクール様に案内しました。
来てくれないかな~

お陰様で多くの依頼案件を頂戴しております。ご期待に応えられるよう1件1件、家主様と借主様にとって良い契約になり、街の発展に貢献できるように努めたい。ご縁を頂いたお客様には、無事に開店日を迎えられるよう取り組んでおります。


仙台支社 坂口



△ Move to top of this page